LINEで送る

着物リメイクを検索してみました

Webサイト 2016/09/08

「着物リメイク」をググってみました

いざ着物を洋服に仕立てようとすると、どこで頼んでよいのか悩みどころですよね。オーダーメイドとなると金額も大きくなります。知人の紹介や近くに店舗へ相談していくのもひとつの手段です。 まずパソコンやモバイルで検索してみて見るという方も多いかと思います。そこで着なくなった着物を新しく生まれ変わる「着物リメイク」サイトを、調べてみました。

2016年9月現在、Google(グーグル)で検索した結果です。 着物リメイク関連の集合サイトや広告、有名ブランドは除いています。(大手ハンドメイドマーケットやブログ村など)着物リメイクといっても得意分野ひとそれぞれ、あなたの探している着物リメイク屋さんの参考にしてください。

Webサイト&ブログ18選

Google(グーグル)検索で3ページ以内、上位ランクされた順です。(2016年9月、検索条件や月日によって検索順位は変わります) 検索表示されたまま記載していますので、必ずしもそのWebサイトのトップページとは限りません。また都道府県を付けてますが西日本地域の記載が多いです、なんだか意外でした。

検索した結果、約3,170,000件のうち30位内にランク(集合サイトや広告を除く)されたWebサイトやブログです。オーダーメイドや制作・販売は18しかありませんでした。 残りの12ぐらいはポータルサイト・ハンドメイド集合サイトや広告等がほとんどでした。

上記の18選は検索で人気だったりクリックされやすいなどの条件で、ランクアップされている可能性があります。各Webサイトやブログをみて情報を得ることができるかと思います。

注文・購入に失敗しないコツ

注文や購入する際にあたってもちろん思考が近いもの、また自分が気に入ったも買います。実店舗へ見に行き店主とコンタクトをとるのが一番理想ですが、Webサイトをみて注文するひとも多いかと思います。

Webサイトでの失敗しないコツのひとつは、まず初めにホームページに「特定商取引に関する法律に基づく表記」の記載があるかとうか確認しましょう。通信販売サイトは必ず表記する義務があります。 まずそのWebサイトの信用性を調べてみるということです。実績などはもちろん記載しているかと思います。デザイン性や技術的なスキル以前に、コンプライアンス(トラブル回避のために)も確認していくのも選ぶひとつの案です。

そして、注文オーダーメイドする際は、数カ所に見積もりを依頼してみることです。 もちろん同じデザインで価格が多少違う場合もあります。その際に決めることは自分の考えているデザインにより近いものを具現化できるか否かをみる手もあります。また希望にあった料金で決めるのもありです。

オーダーメイドとなると決して安い料金ではありませんし、まして大切な着物となると慎重になるのが普通です。着物リメイク屋さんで迷った場合は親身になってマメに連絡がとれるところが好ましいですね。

番外編

着物リメイクと検索してよく表示される1位が日本の文化と”今”をつなぐ、Japaaan(ジャパーン)マガジンの 【「アッ!」と驚く着物リメイクの小物やドレスのまとめ】です。着物リメイクの可能性をまとめて紹介しています。

個人的にお世話になっているサイトでもあります、日本文化を面白く、また粋な情報をありますので覗いてみてください。

最後に

それぞれのWebサイトをじっくりみて、「着物リメイク」といってもいろんな分野があるんだな・・・と知りました。 そして、素敵な着物リメイクをゲットするにはいろんなものを参考にして目を肥やしていきましょう。オンリーワンデザインに価値があることはもちろんですが、着物の種類や文様の歴史などを触れることでさらに お気に入りを見つけると楽しいです。

また「着物リメイク」がメジャーな産業とはほど遠いもの、着物を愛しまた新しく生まれ変わる創作クリエイターが成り立っていく世の中になってほしいものです。

着物リメイク作家 QOOPY

QOOPY'S NOTEに戻る