LINEで送る

「博多献上@マニア」について

2015/12/07

着物帯の中でも一番好きな「博多献上」です。
福岡・博多出身だからという理由は特になく、幼い頃祖父や祖母と見ていたTVの時代劇に 出てくる粋な女性の博多献上帯が印象的で好きになったのではないかと思います。 着物を着る方から見れば博多帯・献上柄は定番の帯、誰でも1つは持っている 帯の一つです。

「博多献上@マニア」では歴史の観点からリメイク商品や博多にまつわる話などをご紹介します。

博多織の起源は鎌倉時代1241年、中国の宋から帰国した僧侶と博多商人が持ち帰った唐織の技術が博多織のはじまりだといわれています。 献上帯という名は江戸時代初期・筑前藩主の黒田長政が徳川幕府への献上品として博多帯を選び
「博多献上帯」となったのです。 博多織帯は「締めやすさ」が特徴で着物愛好家に重宝される 帯のひとつだと思います。

とても魅力ある「博多献上」を着物リメイク作家の観点から綴っていきます。「博多献上@マニア」をよろしくお願いいたします。

博多献上@マニアに戻る

あわせて読みたい博多献上@マニアの関連記事
2015/12/09
博多献上の長財布
2015/12/09
博多献上帯 リメイクのきっかけ
月刊メールマガジン購読・解除

Handmade a storyを配信中!!!


読者購読規約

>>メールマガジン創刊です!
>>バックナンバー